ROCK'N'ROLL PSYCHO MONSTERS
by spike-rrpm
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2011年 07月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ジョニー・キャッシュ
e0096083_18483664.jpg

e0096083_18483645.jpg

e0096083_18483648.jpg

よく昔はそこらへんの大きいCD屋さんの洋楽のオムニバスコーナーにはSUN Recordsのオムニバスがvol.1とか2とかあって(最近ないね)、ジョニーキャッシュもI walk the lineが絶対入ってて、テンポの遅い、低音ボーカルは、若いロカビリーの僕としてはなんかパンチがなくて、正直退屈してた。

なので、長年のイメージで、聴かず嫌いなアーティストだったんだ。

でも、この前ジョニーキャッシュの伝記映画を見て、やっと(今さら)彼の魅力に気付き、CDを買ってみました!
しかも、買ってから気付いたんだけど、鈴木カツ氏監修の初期のビートの効いたやつを集めた企画盤で、あの゛BOP"藁科 徹氏の解説もついていて、ジョニーキャッシュ入門としてはかなりお買い得な1枚だった。

藁科 徹氏といえば、RAVE ONがまだストレイキャッツ研究本になる前の、中学生の僕にはさっぱりちんぷんかんぷんな、正しいロカビリーマニアック本だったころ、頑張って目を通していた(それでもちんぷんかんぷんだった。笑)、すごいお方です。

あー久々にあの中学、高校のころの探究心に触れられた気がする、貴重な時間をもらった1枚です。やっぱり日本盤は良いね。

次は映画にも出てくる刑務所での演奏を納めた「アット・フォルサム・プリズン」を買います。ミーハーっぽいけど、いーんです!入り口なんてどーでも。
[PR]
by spike-rrpm | 2009-02-17 18:48
<< できた! お疲れ様でした! >>